top of page
  • 執筆者の写真nikunikuyo29

近藤亮介陶展




2023.5.11(thu)~26(fri)

火水 休み


12:00~17:00

(金土 ご予約にて20:00まで)



近藤亮介お品一覧


1 綾花鉢 ¥4,950- φ185/h48mm

2 陽刻鉢大 ¥4,950- φ161/h55mm

3 陽刻鉢小 ¥4,400- φ140/h43mm

4 六角陽刻碗 ¥4,400- φ124/h40mm

5 朝顔小鉢 ¥2,200- φ127/h30mm

6 牡丹皿 ¥4,400- w150/d130/h35mm

7 二菊皿 ¥4,400- w135/d105/h40mm

8 雲花陽刻皿 ¥4,400- φ141/h33mm

9 木葉皿 ¥1,650- w110 d93~103/h34mm

10 緑 4.5寸皿 ¥2,750- φ142/h27mm

11 青 4.5寸皿 ¥2,750- φ140~147/h27~35mm

12 堅手皿 ¥3,300- φ161/h33・w153/h25mm

13 堅手碗 ¥3,300- φ1141~131/h56~61mm

14 粉引皿 4寸 ¥1,650- φ120~130/h18~24mm

15 粉引皿 4.5寸 ¥2,750 φ135~143/h21~24mm

16 掛け分け皿 ¥1,650- φ113/h14mm

17 ゆのみ ¥2,750- 110~130ml

18 粉引碗 ¥3,300- φ119~124/h48~55mm

19 楕円菊皿 ¥2,750- w136/d106/h40mm

20 もみじ皿 ¥1,320- w85/d95/h21mm

21 刷毛目皿 ¥2,750- φ131/h23・φ146/h25mm

22 鉢  ¥3,850- φ150/h50・φ170/h35

23 片口型小鉢大 ¥4,400- φ140/h60mm

24 片口型小鉢小 ¥3,850- φ130/h53~75mm

25 陽刻花文盤 ¥4,400- w136/h35mm

26 茶碗 ¥8,800- φ121/h72mm

27 五角陽刻碗 ¥4,400- φ131/h45mm

28 柿皿 ¥1,650- w109/d84/h32mm

29 立菊向付 ¥3,300- φ87/h65mm

30 粉引皿 ¥3,850- φ178/h32~35mm

31 刷毛目皿大 ¥3,850- φ167~175/h30mm

32 編笠鉢 ¥3,300- φ135/h51mm

33 御本皿 ¥4,400- φ184/h36・φ200/h38mm

34 四角小皿  ¥1,650- w108/d108/h18mm


以上


大きさ容量(8分目)は目安です

  

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

徒爾個展 みじか夜の祈り

祈りに誘われ存在するものがある。 静かに、たおやかに。 はかなく夜が明けるころ、 今年も徒爾 谷本敦子さんの個展を 開催いたします。 2023.6.24(sat) - 7.3(mon) 7.1(sat) 12:00~17:00 作家在廊 open 12:00~17:00(金 土曜日 ご予約にて20:00まで営業) closed 火 水曜日 ー お品一覧 1 繭皿 ヒノキ 漆 / 12,600- φ

橋爪香代 陶展

筑後川と矢部川が育んだ自然環境を生かし、 古来よりお茶づくりが続く、福岡県八女。 その八女に生まれ育ち、お茶まわりの道具を制作する 橋爪香代さんの個展です。 その作品は、端正な造形の中にどこかおどけた表情を見るようで、 温もりを感じます。 茶器を愛用するひとりは、「注ぐ時の音が心地よい」と言います。 今展では、八女の土を掘り作った作品も並びます。 会期中は、フレッシュなお花やお香。 そして、おなじ

森下綾 個展

当店で2度目となる個展を開催いたします。 今展では、寄木から生まれる作品がたくさん並びました。 金属粉や箔などは使ったお品はなく、 素朴で落ち着きのある趣です。 まんまるで可愛らしい手まり椀に、新色の弁柄色がお披露目となります。 華美になりすぎない弁柄の赤色を、この春にいかがでしょうか。 森下綾 個展 2023.2.18(sat)~26(sun) 12:00-17:00 21(tue) 休 作家在

bottom of page